シンセイ ゴッサムオーディオケーブルは、オーディオ、カーオーディオ、AVサラウンド、レコーディング、ライブ、iPod等のポータブルオーディオに高品質なケーブルを紹介するネット通販です。

プロ機材用ケーブル

new   MOGAMI モガミ 2549(2芯)(PRO)

MOGAMI モガミ 2549(2芯)(PRO)

国産、安価でフラットに聴くならこのケーブル。

基本的にゴッサムのGAC-2111やGAC-4/1と似た傾向の非常に優秀なケーブルで、昔からのファンも多いケーブルです。

ゴッサムほどワイドレンジでは無いのですが、変なくせは全くありません。

オーディオファンの間では広く知られているケーブルで録音現場でもよく使われているケーブルです。

音源からプリアンプまで、DVDデッキからAVアンプまでと一次的なアナログ接続に抜群の威力を発揮します。

国産ということからか安価なケーブルではありますが、性能は非常に高いと感じます。

前側プラグを選択

ケーブルの長さを選択

後側プラグを選択

注意

2本1組の価格表示です。

ケーブル長さはプラグ込みの全長です。(L型TSフォンプラグ選択の場合はぎりぎりか数ミリ短くなります。)
5m以上の場合は4芯バージョンの2534をお勧めします。

ケーブルカラーは黒のみとなります。
ケーブルはご注文を受けてから製作するオーダー品になりますので、長さが短いといって後での交換が出来かねます。

端子も色々な物から選択できる様になっておりますのでお間違いない様お願いいたします。
XLRプラグは銀、金から選べる様になっております。

商品詳細情報

この二芯の2549については私自身がこれまでの固定観念でモガミは4芯の方が本当のフラットな音であると思い込んでいた為に発表が遅れてしまったものです。


非常にフラットな特性のケーブルで、レンジの広さはゴッサムに1歩譲るものの全く変なくせも無く安心して使える安価な国産ケーブルです。


音の抜けが4芯の物より良い為、高域が歪んでいる装置では耳障りに感じ悪いと思う時がありますがセッティングをしっかり固めるとこのケーブルのフラットな所に驚きます。


現在のセッティングでモガミの4芯を使っていて高域の抜けが足りない感じがする。 と感じる時にこのケーブルを使用する事でベストなバランスがとれます。


一般的には電源関係から全てのメッキを排除し、震動対策をしてはじめてこのケーブルの良さが分かる様な物なので上級者向きとも感じますが、しっかりとした環境下ではモガミの2549はかなり良いケーブルだと感じます。


それほどセッティングが極まっていない場合は4芯バージョンの2534を使う事で高域が弱めに出ることから、そちらを使った方が良いと感じます。


プラグについては評判の高いノイトリックのプラグを使用しています。

ページトップへ戻る