シンセイ ゴッサムオーディオケーブルは、オーディオ、カーオーディオ、AVサラウンド、レコーディング、ライブ、iPod等のポータブルオーディオに高品質なケーブルを紹介するネット通販です。

オーディオ機材

new   PG ステレオフェーダーBOX

PG ステレオフェーダーBOX

ハイグレードPenny+Giles社フェーダー使用パッシブフェーダーBOX

SSLやNEVE、STUDERなど、世界で第一線の放送・録音を支えるミキシングコンソールに数多く採用されている、英国Penny+Giles社製 PGF3000 seriesフェーダーユニットを利用したステレオ・フェーダーボックスです。

当機で採用されている PGF3222D はストローク(動作範囲)が104mmと大きいため、非常に精度が高く、減衰量40dBまでのチャンネル偏差(ギャングエラー)は±1.0dB以内に調整されています。
(偏差の調整は1つ1つ手作業で行われます)また、ストロークが長いので微妙な音量調整が可能となります。
フェーダーノブには英国SIFAM社製の幅広ノブを採用し、高品位な操作感を実現しました。

これを使用する事で音質に色付けを加える事無く、また正確にステレオのボリューム調整ができます。

入出力端子はノイトリック製RCAを使用、内部配線はPenny+Giles社のフェーダーに付属するもので製作しています。

price:\59,800

注意

入出力端子共にRCAでIN RCA Lch,Rch、OUT RCA Lch,Rchとなります。

表示価格は税込みです。
サイズ 約 W95mm×H50mm×D155mm 約300g

保障期間は購入から1年間となります。

オーディオでの接続としては
CDの場合はCD・DAC〜PG ステレオフェーダーBOX〜パワーアンプ
PCの場合はPC〜DAC〜PG ステレオフェーダーBOX〜パワーアンプ

といった形でプリアンプやミキサーを接続しない方が音の鮮度が上がり高音質になります。
また基本的にPG ステレオフェーダーBOX以外の機材のボリュームは基本的に全開で音量調節をPG ステレオフェーダーBOXで行う事で解像度を最大限に維持し、音質を損失させる事なくリスニングが可能です。

商品詳細情報

PG ステレオフェーダーボックス


入出力ともにノイトリック製RCAを使用しています。


接続ケーブルのお勧め


当店販売のDAC PCM1796、AvocetやスタジオグレードのDACをお使いの場合GAC-2 PURをお勧めします。


距離が5mを超える様な場合はインピーダンス的にGAC-4/1をお勧めします。ステレオフェーダーBOXに接続するケーブルを長くする事で手元で音量調節出来る様にすると非常に使い易いです。

ページトップへ戻る

オーディオ基礎知識

オーディオの基本

マニアックなオーディオ

お客様Q&A

提携企業


Studio System Lab,Inc

お客様の声

先日購入したPGのフェーダーBOXですが、あまりの音の変化に驚きました。
NANO PATCHから入れ替えたのですが、ボリューム一つでこんなに音が変化するのですね。
ボリューム一つでこんなに音が変化するのなら、全開で使っているパワーアンプのボリュームも外してしまった方が良いのでは?と思ってしまいます。

肝心の音ですが、今まで以上に細かい部分まではっきりと聞こえます。
特に残響音の出方がすばらしく、今まで音がないと思っていたのに、残響音がはっきりと聞こえるようになった部分がいくつも見つかりました。
新たな曲を聴くたびに何か発見があって、音楽を聴く楽しみがまた増えました。

この度は、大変良いものをご紹介頂き、ありがとうございました。