シンセイ ゴッサムオーディオケーブルは、オーディオ、カーオーディオ、AVサラウンド、レコーディング、ライブ、iPod等のポータブルオーディオに高品質なケーブルを紹介するネット通販です。

オーディオ機材

new   フルレンジスモールスピーカー(左右1組・正規品)

フルレンジスモールスピーカー(左右1組・正規品)

JohnBlue JB3

当店が自信を持ってお勧めできる高性能ニアフィールドスピーカー。

低価格、ワイドレンジ、サイズからは考えられない近接モニターとして十分な再生音。

もちろん、オーディオ用途としても素晴らしい音を聴かせてくれます。

狭い部屋でも問題が無い小型スピーカーを探していたところ偶然見つける事が出来た逸品です。
3インチ小口径フルレンジの為、周波数に拘らないピンポイント定位。

フルレンジの為、内部ネットワークが不要。その為にコイルやコンデンサ、抵抗を通らない信号をそのままユニットに伝えます。
2ウエイ以上のスピーカーでは不可能な鮮度の高い再生音を実現。

フルレンジの欠点である再生帯域の狭さを、吸音材、内部配線、コネクタ、筐体と全てにおいてオリジナルのものを使う事とネットワークレスのシンプルな配線で解消。
サイズを大きく超えた低域・高域再生音を実現。

較べたのは10倍以上の価格の高級ニアフィールドモニターですが、大音量以外では差を大きく感じる事が出来ないと感じる素晴らしい再生音です。

1mm厚の高品位塗装により部屋のインテリアにも置き易い筐体。

正確なサウンドはオーディオでも聴き疲れしません。
自然でくせのないピュアな出音を楽しんで頂ければと思います。

JB3はトランジスタ式などDF値の大きいパワーアンプに合わせて設計されておりますので、最新のデジタルアンプでも、その能力を引き出してくれることでしょう。

注意

本製品は国内正規輸入品(正規保証付)です。
JohnBlue製品のご購入は安心の正規品を!

2台1組のペアになります。(税込み価格)1年保障。
日本国内正規品となりますので並行輸入品とは違い、国内保証となります。

色は黒(ピアノブラック)、白(明るいホワイト)の2色からの選択になります。綺麗な1mm厚塗装です。

左右のスピーカー幅は1〜1.5m程度がベスト。
高さはスピーカー上部の延長線上がやや耳の下ぐらいの高さがベストになります。セッティングしてベストポジションで聴いてみてください。

画像には写っていませんが、ユニットを保護する取り外し可能なサランネットのガードが付きます。

商品詳細情報

6畳や8畳の部屋でも、気軽に高音質が楽しめるスピーカーを紹介して欲しいとオーディオファンのお客様からのリクエストがありました。


また自宅で音楽制作される方からはニアフィールドで安価で高性能なものは無いかとも良く聞かれますが良いものはどうしても高額になってしまうので、何か良いものは無いかと当店では探していました。


フルレンジでバスレフ、そして帯域が狭くないものであればと探していましたが、偶然良い物を見つける事が出来ました。


これを通常高価な機材を使用するスタジオ関係者、マスタリングモニター、ミュージシャンに試してもらい頂いた感想は以下の様な感じです。


ミックスして出来上がった音源を性能が低い2ウエイモニターでモニターするとヴォーカルがピンポイントに定位していてもヴォーカル帯域が上下すると定位が崩れてボケてしまい製作した側の意図と全く違う音が出てくる。このスピーカーはボーカルがどの帯域でもピンポイントに定位して製作側の意図通りに再生されるのがすばらしい。


通常ラージモニターを使っているが大音量にすると様々な問題がでてくるのでニアフィールドで良い物を探していた。


爆音では流石にムジークが良いが、これも結構使える。特に音の鮮度が凄い。


今まで使っている2ウエイモニターより帯域が広い。低音も結構出てるしスピーカーのくせを感じない。


最近はミックスする時にこの音は正相、この音は逆相でという位相をいじる様な時も多いが、フルレンジの為位相が思った通りに出てくるので非常にモニターし易い。?


商品詳細 能率 87dB/w、インピーダンス6オーム、最大入力30W


サイズ H?/W/D  208 x 129x 188 mm 重量2.1kg/1台


スピーカーケーブル端子はケーブルを穴に入れて締めこむタイプです。穴は比較的大きくて当店のSPK2 4.0mmでも普通に余裕で入ります。お勧めスピーカーケーブルはインピーダンスを考えると、それ程大きな音量で聴かないかたは2.5mm、結構な音量で聴かれる方は4.0mmがお勧めです。


その他の利点


大きなスピーカーを狭い部屋に入れてしまうと、ユニットからの音と壁からの反響音が混ざりどうしてもぼやけた音になりがちでセッティングには大変な苦労が出てきます。狭い部屋やリスニングポジションが近い場合には小さなスピーカーであればセッティングを詰めてまともな自然な音を聴くのが簡単な事になります。


スピーカーからリスニングポジションまでの距離が2m程度までであれば低域も楽しめます。


スピーカーとアンプのマッチングは合う方が良いです。


もちろん、良いアンプを使えばいい音が出るのがはっきり分かりますが、このスピーカーに関しては口径が小さい為か力の無いアンプでも良い音が比較的容易に出せます。マッチングが合う低価格アンプについても近日発表予定です。

お客様の声

お客様の声

SP間隔1.5m、試聴距離2m未満、高さ約80cmの、職場PCデスク環境で、細々と聞いております。
信じられないかもしれませんが、自宅マイルームの爆音で聞く大型スピーカーと比べて、このSPの音はほとんど変わらないように自分には聞こえました。
低音部の図太さは違いがありますが、目を閉じてしまうと、トータル的な印象として同じくらいバランスの良い鳴り方をしているように思います。
本体についても、高級感あふれる非常に手の込んだ作りをしていて、「こんな値段で本当にいいのか?」と驚いてしまいました。
DACとPVC(パッシブボリュームコントローラー)に、このSPが加われば、AC市場の「三種の神器」となり、大概のニアフィールド環境では、正に鬼に金棒になること間違いなしと思われます。
アンプは、8Ω50Wの1UサイズUSA中古ものを使っておりますが、同じもの2台でブリッジモノにしたところ、これまた予想以上に、心地よい音場空間が生まれることとなりました。
「ハズレなしで間違った買い物は絶対にさせない」御社を信じてきた甲斐がありました。
毎度ながら、今回も、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る

オーディオ基礎知識

オーディオの基本

マニアックなオーディオ

お客様Q&A

提携企業


Studio System Lab,Inc

お客様の声

とりあえず、自作の25ワットパワーアンプにつなげてみました。

最初は、寝ぼけたような音でちょっとがっかりしました(アンプのせいかと思われます。長く使っていなかったので…。)が、30分ほどで、見違えるほど素晴らしい音に変化しました。

今まで使っていた、「TAN○○Re○○ 5○○」は結構気に入っていたんですが、比べると、いかに電気的な音であるかが分かりました。

フルレンジスモールスピーカーの音場の方が遥かに広く深く、SNも良好です。

今までFMのアナウンスが少し左に寄っていたのが、中央にアナウンスがびしっと決まってとても快感です。

音を聞くより、音楽を聴くことができるようになりました。良い商品を紹介していただいて感謝いたします。

二日目のインプレッションですが、スピーカーケーブルをSPK2×1.5mmに変えてみました。低中高音のバランスがとれて、音が更に柔らかくなりました。テラークのCDチャイコフスキー「1812」を聞いてみましたが、キャノン砲の音や鐘の音もちゃんと再生していて驚きました。こんな小さなスピーカーで、このCDを最後まで聞けるなんて思いませんでした。
次に、ゲリー・カーのコントラバスで、アルビノーニのアダージョを聞いてみましたが、これもオーディオ的にも満足できる再生に嬉しくなりました。ハーモン・ルイスのパイプオルガンが、柔らかく量感も十分にホールに響いていきます。コントラバスもサイズこそ小さいながらとてもリアルです。
しかもゲリー・カーの息遣いまでも再生できるとは…。CDを聴くのが楽しくなりました。