シンセイ ゴッサムオーディオケーブルは、オーディオ、カーオーディオ、AVサラウンド、レコーディング、ライブ、iPod等のポータブルオーディオに高品質なケーブルを紹介するネット通販です。

電源ケーブル等

new   PCOCC オリジナル電源ケーブル

PCOCC オリジナル電源ケーブル

銅箔シールド、PCOCCで完璧を追求。

両側のプラグについて純銅プラグを選択する事も可能になりました。真鍮のものより更に高音質が狙えます。

ケーブルの中は全て銅、プラグについても高品質・高精度の国産非メッキプラグ使用。
銅のシールドは音を痩せさせること無くノイズを遮断、芯線に使われているPCOCCは素晴らしい音抜けの良さと、聴感上どこにも不自然なところを感じません。

既にレコーディングでもよく使用されているケーブルですが、オーディオに使用しても素晴らしい効果。

試験を重ねようやくこれまで販売していたオリジナル電源以上のケーブルが実現致しました。
オリジナル電源ケーブルでも、くせの無い銅の単線ブラインドで分からないレベルでしたが、これは目の前で繋ぎ変えても全く変化を感じません。

自作で銅の単線を使っている方にもお勧め。
これは銅のシールドでノイズにも非常に強く、材質が銅である為に聴感上非常に自然な音を聴く事が出来ます。

両側のプラグのブレードは非メッキ、真鍮を使用。
この為メッキの不自然な音変化が全くありません。
またプラグ外側の非磁性体筐体については肉厚ポリカーボネートで震動にも強い耐性を持ちます。精度が高い為、ガタも全くありません。

前側プラグを選択

ケーブルの長さを選択

後側プラグを選択

・導電ネジ真鍮製に取り換え(真鍮プラグのみ)
不要(+0円) | 必要(+1,000円)

注意

電源ケーブル1本の価格になります。

両側のプラグについて純銅プラグを選択する事も可能です。真鍮のものより更に高音質が狙えます。

ケーブルはご注文を受けてから製作するオーダー品になりますので、長さが短いといって後での交換が出来かねます。余裕をもってご注文下さい。
芯線がPCOCCで硬めの為に、被覆は柔らかい素材を使用しています。その為、性能には関係ありませんが、ケーブル表面に擦れが出る場合があります。

切売をご希望の方は「切売ケーブル」より購入できます。

廉価プラグではケーブルの収まりが微妙ですので安全の為、廉価版の販売は致しません。

過去に当店でオリジナル電源ケーブル(廉価版を除く)を購入されたお客様にはプラグ付け替えサービスを御用意致しました。

電源ケーブルの切売PCOCC電源ケーブルからお申し込み下さい。

商品詳細情報

CDPやDACのデジタル機材には特に大きな影響があり、アナログ部分であるパワーアンプ等にも変化があります。


プラグ部分については非常に高い精度のつくりをしているのが手に取った瞬間分かります。ケーブルを2〜3度交換したぐらいではびくともしません。また導線を挟み込む部分に関しても十分な面積があり安定感があり、この安定感が音にも良い影響を与えます。


導体 断面積3.5sq 20A対応 PCOCC-Aパワーユニット。ハイパワーのある伝送が、クリアでパワフルなサウンドを表現します。


絶縁体 絶縁体は高分子ポリオレフィン素材、内部介在は誘電率の低いフレックスPEをジオメトリックに配置し、信号のロスを防ぎます。


シールド カッパーフォイル・シールドとドレンワイヤーを装備し、外来ノイズを100%の遮蔽します。


外装シース 外装シースはオーディオ専用ハロゲン・フリーシース(RoHS指令適合)を採用。高い振動減衰特性によりクリアな信号伝送、充実した低域を再生します。


TONE 高速なレスポンスとアグレッシブさが、広大さ、明瞭感、緊張感を表現します。 高密度なエネルギー感をベースに、音楽のニュアンスを余す事無く表現します。   仕様  導体 PCOCC-A 3.5sq(45/0.32mm) アース線(緑) OFC 3.5sq   絶縁体 高分子ポリオレフィン素材 内部介在 フレックスPE紐 テープ 紙テープ重ね巻き ドレンワイヤー OFC 0.75sq(30/0.18mm) シールド 銅箔テープ巻き シース オーディオ専用ハロゲンフリーシース 外径 約12.5mm  

お客様の声

お客様の声

PCOCCオリジナル電源ケーブル(両側純銅プラグ)をDACに使用しました。結果は期待通りの理想的改善。
高域のキツサがとれてsoftなのに鮮明・情報量も増加スケール感も増大。コンサートホールを取り換えた?
ようなすごい改善。再生音がとにかく豊かになり、違和感なくオーケストラも楽しめます。
こう鳴ってくれれば・・・という期待にこたえてくれる素晴らしい電源ケーブルです。

ページトップへ戻る

オーディオ基礎知識

オーディオの基本

マニアックなオーディオ

お客様Q&A

提携企業


Studio System Lab,Inc

お客様の声

PCOCC電源ケーブルは1本だけは所有していたのですが、今回プラグを取り替えて、DAC、CDP、パワーアンプに繋ぎました。
1本だけ使用していた際は、DACに使った場合が一番効果的で、低域から高域まで情報量が増えて音の密度が高まった印象でした。それにもかかわらず、柔らかく聴きやすい方向に変化して、全くきつさを感じさせないといったものでした。CDPとパワーアンプにも使用した感想は、DAC程ではないもののやはり同じ印象でした。
実は、他社の電源ケーブルも持っていて、○○電源ケーブルという製品です。電源タップをそちらの方から購入した際に一緒に注文した品物です。
そのケーブルとの比較なのですが、PCOCC電源ケーブルの音がゴッサムの音だとすれば、さすが○○の製品だけあって、電源ケーブルもベルデンのややぎらついた派手目な音がするのです。
どちらがいいのかは、好みの問題だと思うので優劣をはっきりつけられるものでもないと思いますが、私も最初はベルデンから入ってその後ゴッサムの良さを知り今では殆どゴッサムのケーブルに替わってしまいましたので、自分の好みは言うまでもないところです。但し比較出来るのはパワーアンプに使用した場合のみで、DACに○○の製品を使った場合は、きつ過ぎて好みの範囲ではないような気もします。