Home | PC »

Home > PC関連 > DVD

2006年12月18日
2006年12月18日

DAEMON Tools

昔、CDでの動画や音楽を楽しんでいる時にソースネクストという会社の
携速というソフトを使った時に(ノートPC利用が多かった私は)
CDを入れ替えなくてもデータのまま仮想ドライブという形で
扱えるので何て便利だと感じた。

SOURCENEXT 携速
(↑前に買った時より結構安いなぁ。)

DVDをバックパップした時に確認したりするのに
これが欲しいなぁと思っていたら、同じ機能のDAEMON Tools
(何だか不気味な名前だ)
というソフトがフリーソフトでとっても有名なのは知っていたので使ってみた。

ダウンロードして用意するのはフリーソフトのDAEMON Toolsと日本語パッチ

COW&SCORPION

↑で daemon347.exe と 日本語化ファイルdaemon347_jp.lzh
をダウンロード。

新しい4.0以上のバージョンはスパイウエアが入っているとどっかで見た覚えが。。。
ダウンロードファイルは全てノートン等のセキュリティソフトで調べてみてから使いましょう。

アドウェア、スパイウェアを検知・駆除できるフリーソフトウエア
も沢山有りますので自衛しましょう。(しかし、なんでもただであるもんだなぁ)

2006年10月27日
2006年10月27日

DVDバックアップ-まとめ

DVDをバックアップして色々気付いた事があります。

まず最近の映画DVD等は元もとの画質が
(クオリティ高い!)かなり綺麗なので
片面2層DVDをリッピング後
Vob Blankerを使いいらないものをダミー化してある程度
容量を減らしていって、6~6.5GB程度から
フリーソフトのDVD Shrinkで圧縮して
片面DVD4.4GBへバックアップを行っても
「品質を向上させるため、バックアップ前に詳細な分析を実行する」
のチェックを入れるか前もってやっておけば
出来上がりは、かなり綺麗。
(っていうか、おっさんのしょぼい目では35インチテレビぐらいでは
 オリジナルと同じに見える)
ただ、古い家電DVDプレーヤーで見ると動きが激しいシーンでノイズ出ました。
また車載のト○タ純正ディーラーオプションDVD(新しいけど)
では圧縮したものは全く見れません。(ディーラー対応中)

しかし、昔の映像やTV番組のDVD(仮○○イダーとかG○ン75とか・・・)
では圧縮をするとかなり汚くなり彩度も落ちる感じがする。
爆破シーンとかでは、ブロックノイズは出ないものの
煙の部分が霧の様にモヤモヤして耐えれん。
シェアウエアのDVD2ONEを使ってみるとDVD Shrinkよりは
いくぶん綺麗になるが、それでも満足な画質といえない。

しょうがないので昔の映像については
Super DVDZcopyを使用し片面2層→片面1層×2枚
の無圧縮とっておくことにして、
片面2層メディアが100円を切るのを待とう。

リッピングは適当なソフトでやってやって
(AnyDVDをインストールしとけば、B's Recorderでもできる。)

エンコードは
片面1層→片面1層 の場合 B's Recorder GOLD(超簡単)
Vob Blankerでいらないとこをダミー化してから
片面2層→片面1層   の場合 DVD2ONE
片面2層→片面1層×2の場合 Super DVDZcopy
この3つのソフトウエアに落ち着いた。

B's Recorder GOLDはDVDドライブ (IODATA) DVDDVR-AN18GLB
を買ったら付いていた。
ライティングにはB's Recorderが良いらしいとどっかで読んだので使ってます。

DVDをさわり出してから、P4 2.4GHZ メモリ512M のパソコンでは
エンコードの際とかに遅さにちょっと不満を感じるけど我慢しなきゃなぁ…

2006年10月25日
2006年10月25日

DVDバックアップ-2

DVDの事を色々調べていてようやく少しわかってきました。
コピーの場合は大きく分けてフリーソフト(無料)のみで行うものと
シェアウエア(有料)を使う場合に分けられると思います。


DVD2層→DVD2層とDVD1層→DVD1層
この同じメディアのコピーの場合はフリーソフトで問題無い。
シェアウエアを使えば操作の簡略化と時間の短縮は出来るが
出来上がる物の質の違いは無いと思います。

ただいらない動画をダミー化するならVob Blankerを使う事になるので
DVDFab Decrypterでリッピング→Vob Blankerで編集
→ImgBurnでライティング

DVD1層→DVD1層/DVD2層→DVD2層
の場合の考えられる
ベストフリーソフト

DVDFab Decrypter(DVDDecrypterより強力プロテクト解除・リッピング)
ImgBurn       (ライティングはこっちが対応幅がある)
Vob Blanker   (編集に使う。宣伝とかいらないものをダミー化できる
            元DVDと全く変わらないDVDコピーなら不要)

シェアウエアも使ってというと
AnyDVD    (常駐して強力プロテクト解除)
CloneDVDやB's Recorder 等のソフトウエア


どの方法でも、出来上がりは基本的に一緒。
時間的な事と使いやすさの違いって感じ。


大きく差が出そうで、また一番ニーズが高そうな

2層DVD→(圧縮等での)1層DVDについて

フリーソフトでの場合

DVDFab Decrypter(DVDDecrypterより強力プロテクト解除・リッピング)
ImgBurn       (ライティングはこっちが対応幅がある)
Vob Blanker   (圧縮前に編集に使う。宣伝とかいらないものをダミー化して
            容量を節約できる)
DVD Shrink   (詳細な解析を使い圧縮)

これで一応コピーできるが問題点が2つ
1.時間が掛かる
2.画質が落ちる
  (DVD Shrinkで詳細な解析を使えばかなり良いが、
   圧縮率が高くなってしまう場合、わかるぐらい悪くなる。)

これらの問題がシェアウエアを使うとかなり改善の方向に進む。
今考えられる2層→1層の良さそうな組み合わせ

Shareware AnyDVD    (常駐して強力プロテクト解除)
Free Vob Blanker
(圧縮前に編集に使う。宣伝とかいらないものをダミー化して容量を節約できる)
Shareware DVD2one2
(圧縮に使う。分析して間引きするらしく画質が落ちないぽいエンコード時間も短いらしい)

リッピング・ライティングに関しては何でも良いと思います。

しかし、DVDってマニアック…だなぁ。

2006年10月19日
2006年10月19日

DVDバックアップ-1

DVDバックアップ-1(一番簡単なDVDコピー方法)

コピーしたDVDを売ったりレンタルDVDをコピーするのは違法です。
コピーガードの掛かったものをガードを外すのは破壊行為になります。

参考→★なんでDVDコピーは「違法」なの!?

手順として DVDデータをPCに吸い出す(リッピング)→再編集・圧縮する(エンコード)
→書き出し(ライティング(ISO形式))って感じです。
通常のDVDは2層メディアが多く2層のDVDに書き出すのであれば
圧縮の作業はいらないが、2層メディアは1枚1000円前後と高いし
2層DVDを書き込めるドライブが必要(最近のPCなら書けるのが多い)

ただ1層のDVD-Rは安いものなら1枚30~50円程度だし、それを家電で
視聴するのであれば(2層データを1層分に)
圧縮したもので問題のない解像度がでる様です。
DVDデータは2層だと8GB程度、圧縮した1層分でも4.5GB程度と非常に
重たいデータになる為、最近はDivxという圧縮が流行っていて
Divx圧縮だと画像も綺麗なまま、すごく率の良い圧縮ができて
DVDがCDにコピーできるらしいが、それはまた。

必要ソフトウエアはフリーソフトの2本。初心者でも簡単にバックアップできる。
まずは必要ソフトのダウンロード (インストーラ版が簡単)

DVD Backup Guide

DVD Shrink (Free Software)  (データの簡単な編集・圧縮)日本語版あり
DVD Decrypter (Free Software)(データの吸出し・書込み)
Ver 3.5.4.0 が2006/10/16時点で最新の様。

DVD DecrypterVer 3.5.4.0の日本語パッチは
日本語化工房-KUP

DVD Shrink(日本語版あり) (Free Software) と
DVD Decrypter (Free Software)(データの吸出し・書込み)と日本語パッチ

の3つが揃ったらPCに全部インストール。(NEXT連発ですぐできます)
元データがDVD一層の場合はDVD DecrypterのみでコピーOKだが
ほとんどの元DVDは2層だと思います。DVD Shrinkだけでも出来るらしいが
吸い出す(リッピング)と書き出し(ライティング(ISO形式))については
DVD Decrypterを使った方が成功率が高く安定しているらしい。

DVD Decrypterで吸い出す(リッピング)
DVD Decrypterを起動して以下の設定する

dvddec.gif

←1 モードをISO読み込みに設定
←2 入力元タブを吸い出すDVDドライブに設定
←3 出力先をPCの任意のフォルダに設定
←4 吸い出す(リッピング)

これでリッピングはできます。3で指定したフォルダに*.ISOができます。
所要時間はPCに搭載しているDVDドライブの倍速スピードによって変わります。

再編集・圧縮する(エンコード)
DVD Shrinkを起動します。
リッピングしたISOデータをドラッグ・ドロップすると以下の様な画面が出ますので

dvdsh.gif

←1 上から1こづつみていく
←2 いらないものはチェックを外す
   (左下の画面で動画をプレビューできるのでわかりやすいです)
←3 いらないもののチェックを全て外したらバックアップの所を押します。
この時にDVD Decrypterで書き出すかを聞かれるので、書き出す事を指定すると
そのままDVD Decrypterを使い圧縮を自動的に一枚のDVDにおさまる
圧縮率で書込み(ライティング)をはじめてコピー完了まで行きます。
書き出し(ライティング(ISO形式))

↓最初はこっちが良いかも。
安全策として、DVD Shrinkで書き出す時にISOデータを
一度パソコンのフォルダで保存して、
再度DVD Decrypterを使い書き出す方法もあります。
DVD Decrypterで書き出す(ライティング)
DVD Decrypterを起動して以下の設定する

dvddec.gif

←1 モードをISO書込みに設定
←2 入力元タブを吸い出すフォルダの*.ISOを指定。
←3 出力先を任意のDVDドライブに設定
←4 書き出す(ライティング)

以上が一番簡単なDVDコピー方法となります。